SEVENTEEN ENGLISH CLUB

英語を駆使して見つけてきたセブチの掘り出し物情報お伝えします。

セブチの CALL CALL CALL! に思う GIVE ME YOUR NUMBER!

ついにSEVENTEENの新曲であり、日本デビュー曲 "CALL CALL CALL!" のMVが公開されましたね。世界中のCARATさんたちも巻き込んでお祭り騒ぎです。そしてなによりすべてが先行して公開される日本。日本デビューなんだから当然なのかもしれないけど、でもやっぱり幸運だなーと思います。

 

幸運をかみしめながら思うこと

みなさん、初めてこの曲を聴いたときどう思われましたか?
私はラジオで公開された音源を聞いたんですが、

 

正直、

 

アニ、ソン。。。?

もしくは

戦隊もののオープニング?

 

って思っちゃいました。

受けとめ方が分からないというか。。。

映像もなかったですしね、

いろんな意味でインパクト大でした。

 

そして今日公開されたMVを見て

すっかりクセになりました(あっさり)

 

MVなのでね、何度も繰り返し見てしまうんですよ。
そうするといつの間にやら頭の中でリフレインする

 

今すぐ電話して!!

 

ここまで直球で言われたらついつい言いたくなります。

「はい、わかった!」

 

いや、でも番号知らないし。

 

OK

 

"GIVE ME YOUR NUMBER!!"
(電話番号ちょうだい!!)

 

と叫びたくなるのです。

 

"GIVE ME YOUR NUMBER!!"

掛け声にいかがでしょうか?

カタカナにすると

"ギミユアナンバー"

でうまく収まるんじゃないかと。

 

ライブ会場でね、

メンバーが 今すぐ電話して!!と叫んだら

CARAT達から "GIVE ME YOUR NUMBER!!" と返される。

びっくりするメンバーたち。。。

なんていう場面を想像してニヤニヤしてしまいます。

 

もしくは、"GIVE ME YOUR NUMBER" って書いた

サインを掲げても面白いんじゃないでしょうか。

 

 シャレの分かるCARATさん、ぜひお試しください(笑)

 

セブチの本気

映像を見るまでは、結構突っ込みどころたくさんだなーと
正直思っていました。

あれだけ思いっきり「今すぐ電話して!」って言われることとか、
チリンチリーンって く、黒電話!?とか。本当に戸惑いました。

 

でも、今日の映像を見て、彼らの本気を感じました。当たり前だけど、彼らは至って真剣。パフォーマンスも全力です。

 

頭ではわかっているつもりだったけど、
改めて、外国語で曲を作るってどれだけ大変なことか、
しかもそれを日本語でやってくれるなんて、感激、、、と思いました。
発音もどれだけ練習したんだろうと思ってジーンと(泣)
「さしすせそ」の発音は彼らにはとても難しいはずなのに、クプスは冒頭いきなり
「せかせかせかせかせかせかせかせか 世界を敵にしたって」ですからね。
練習の時、マジか。。。ってなったんじゃないでしょうか。

 

外国の、韓国の男の子たちがこれだけ全力で私たちのためにがんばってくれたんだから、細かいことはごちゃごちゃ言わず、温かい気持ちですべてを感謝しよう!

 

そんな気持ちになった公開日でした。

 

メンバーたちが初めて見た時、「これ出来るの…?」と目くばせし合ったという
振り付けの完全版も楽しみですね。

 

みんな、これからもがんばって!